2016年01月06日

いいよね。

わたし、自分の母、好きになれないけどいいよね。
反抗期に子どもが親を嫌うのは当たり前だと思う。
反抗期はとーっくの昔に過ぎたけど、
今は一人の人間として母という人物を好きになれません。

数日前、母から電話がありました。

12月の上旬に「弁護士が来る」と言っていたので
何があったのか?と聞いたら、どうやら
以前裁判にかけられていた相手と示談で話しに決着がついたのを。
相手が約束を守らないとの事で、
今度は逆に訴えているそうです。

と、ここまではありそうな話なんですが、問題はその後。

普通、こういう話は一生に1度、遺産相続などであるかないかですよね。
できたら、そんな揉め事起こしたくないし、かかわりたくもないと思います。
が、私の母は。
「面白いじゃな〜い。」
と、至ってゴキゲンな様子。

戦時中に2歳で戦火の中、逃げ回った経験があるという母は
かなり感覚が麻痺しているらしく、強烈な感情が揺さぶられる事がないと、
生きてる感じがしないのかもしれません。
なので、常に他人が引くような揉め事の渦中に居たがります。。。
揉め事がなければ自分で探して飛び込みます。。。

でも、近くで話を聞いてるとすっごく疲れます。

極めつけはなんと!!
9・11のアメリカで起きたテロの際の、
焼け焦げがある瓦礫をガラス玉に閉じ込めた物が入手できた
と、喜んだ事でした。
「角度によってすっごくキレイなの!!
珍しくて希少価値よ〜。
見せてあげたいから、早くおいで!!」
・・・って。

それ、そういうモンじゃないでしょ〜?!
と、我が母ながら、本気で親子でいるのが嫌になった瞬間でした。
『この人は悪魔に魅入られてる・・・』
って、本気で感じてドン引きした瞬間でした。

9・11アメリカテロ事件、と聞けば私なんぞすぐに
どれだけ沢山の人が犠牲になって、
どれだけ悲しんだ遺族が居たのか・・・
って、考えてしまうのですけどね。

母にとってはそんなの何も思わないのでしょう。
焼け焦げのある瓦礫が希少価値でキレイだ、
ただ、それだけで買うんですね・・・。

それ以外にも、今まで何度も何度も詐欺に遭った人なので
今回だって、そういう触れ込みですが
本当にその瓦礫なのかどうか疑わしいものです。

もしかしたら瓦礫は本物で、
9・11の何か支援のために作られたものかもしれません。

が、母の第1声は「希少価値」「きれい」だったので
それが本心でしょう。

もう私、本当に人として嫌悪だし
近寄りたくないんですけど。
いいですよね?
posted by にゃも at 21:32| 群馬 ☔| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FBに。

余りにも不便なので、一度やめたFBに再度、
出戻りしました。
しかし。
出戻ってさして経ってないのに、あっという間に
不具合が出ました。
いろいろ対応してみてるのですが、つなげません。

セキュリティをうんたらかんたら、で、何かをどうこうしろ、
みたいなのがPCに出て、それをクリックしないと先に進めないので
クリックしたら、青い丸がぐるぐる回っているまま、
2時間経過して放置して寝ました。

翌日になったらPCは閉じていて、スマホで繋ごうとしたら
昨日の夕方付けで福島県南相馬からアクセスがあった、
とか書かれていて。
あたしゃ、群馬に居ました。
で、自分ではない場合はパスワードを変えろ、とかで。

パスワードを変えたら開けなくなり。
更に変更すること、2回。

もう面倒くさすぎます。

FB使えない〜。

で、結局、この使い慣れたブログに戻ってきました(笑)
いや、こちらも一緒に更新し続けられればいいんですけどね。
なかなかそんなに時間もズクも取れず。
(ズク=根性、みたいな感じかな?群馬、長野の一部の方言です)

ツールをいくつか持ってて良かったかも。
posted by にゃも at 21:15| 群馬 ☔| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

小さな感情は。

生きてると、いろんな事があります。

誰でも当然の事ながら
気に入らないヤツがいたり、
非道いコトをされたり
知らぬ間にしていたり、言っていたり。

自分がされてイヤな気持ちになった相手とは
金輪際、近寄りたくない。
などと思いますし。

自分がGOGOすぎて引かれてしまう事も
しばしばあります・・・(><;)
・・・すみません。

離れていかれてしまうのは、「ゴメンナサイ」。
近寄りたくない相手とわ。
必要以上には近寄りませんが、
私が傷ついた個人の感情などはこの際。
胸にしまってしまいましょう。

今、日本政府がとんでもない方向へ舵取りしています。
そういう時に、反対する仲間の中でモメていてもしょうがない。

反対する人はまだまだ少数派だと思うので。
個人の感情は置いておきましょう。
戦争はイヤです。
自然に生きたいです。
その一点で、協力できる事はしあっていきたいものです。

そういう気持ちで、
Mother Earth Day in 群馬
を主催します。

小さな個人の感情はいいんです。
置いといて、ください。
後でコッソリ。
自分で処理しましょう〜(^^)♪
posted by にゃも at 17:11| 群馬 ☔| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

何と?

いつも人間の時代は、善と悪がせめぎあってるなぁ…。

正しい行ないをしようとすると非道い邪魔が入る。

光が多ければ多いほど、邪魔をする勢力も強い。

世の中、宇宙は全てバランシングしているから、
そういうものかもしれない。

しかし2013年以降はどうも、
圧倒的に闇の勢力が勝ったとしか思えない。

こういうネガティブ思考が余計にその力を大きくしてしまうのだけれど。

私たちが戦っている相手は、『闇の力』であり、
古い言い方をすれば『悪魔』という目に見えない存在だ。

その力は、一人ひとりの中にあって、いつでも巧みに
出てこようとする。

そのことをよく知っていないといけないと思う。

自分の中のネガテイブな想い、欲、怒り。
これらをよく観て惑わされないように暮らしたいと思う。

対人関係に於いては、お金の誘惑だったり
怒りのエネルギーの応酬であったり、
いつでも欲をくすぐったり、怒りを表面化させたりする。

そうしたものに惑わされないような人間になりたいね、
と、思う。

そのためにできること、は。
自分の中にはどんな無意識の層があり、
どんな事に触れるとそういうスイッチが入るのか
よく知っておかなければならないと思う。

日常に於いてはなかなか難しいが、
それでも、
隠遁者のように静かな一人の時間を持って
自分の内面をチェックすることを
怠らずにいられたらいいな、と。
50近くになって、そう思う。
posted by にゃも at 11:28| 群馬 ☔| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

本能ですvv

ゴミができるだけ出ないようにとか
エネルギーをできるだけ使わない工夫をしたりとか
体に良い食べものを選んだりとか

そんな暮らし方をしてると
ときどき
「偉いね」
って言われる事がある。

なんか、そうでもない気がしていて。
なんだろう、この違和感は?
と思う。続きを読む▽
posted by にゃも at 12:49| 群馬 ☔| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

ホピの予言から

ホピというのは、ネイティブアメリカンの一つの部族の名前です。
そのホピの教えや予言が書かれている本をめくりました。

しっかりと、胸に刻まれた一文、それは
「女が男の服を着るようになり、
スカートの丈は短くなり、
女はその聖なる体の価値を失うだろう。」
というものでした。

続きを読む▽
posted by にゃも at 21:29| 群馬 ☔| Comment(20) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

だいじなこと

私の子どもの頃は、途中まで薪のお風呂、豆炭コタツが2歳頃まで。
石油ストーブ、ガス台、給湯器は物心ついた頃にはあった。

で、親とかは勿体無いって言って、茶碗洗う時とか、
溜め水にしたり、お湯じゃなくてお水で洗ったりしてた。
お風呂もある家とない家があって、
私の家はあったけど、入るのは週に2〜3回だけだった。

私は節水はするほうだけど、お水だと落ちなくてお湯で洗ってた。
今でも。
でも、洗い桶の溜め洗いがわからなくて、流しっぱなしもしばしば。
水量は普通に。

頭では「エコじゃないなあ」って思うんだけど、
それだけで止まってた。

キャンプや、薪ストーブの生活をするようになって、
(火を使うようになって)
わかってきたこと。

薪で、2Lのやかんにお湯を沸かすために、どれほどの木が必要か、って事。

ほんとに、ビックリするほどすぐ燃えちゃう。
4mの柱1本なんて、暖を取る為には1晩しか持たないし、
お湯1杯沸かすのもカンカンに沸騰させるの、1/4じゃ足りない。
柱1,5mくらいないと沸かない。

その木が、それだけ大きくなるのに、
どれだけの歳月が必要か、って考えたら・・・
うううううむ。

そんでもって、その太い木を、ノコギリで切り出そうとしたら、
すご〜〜〜〜〜い労力がかかる、って事・・・。
めっちゃ汗だくになるよ。

そして、その2Lのお湯で洗物をする時、流水にしてしまったら、
ほんのわずかしか、洗えない、って事・・・。

そういう本当に大事な事、全然知らずに、
教わる機会もなく来ちゃってて、
大切さも解らずに、どれだけ今までムダにしてきたことか。

私だけじゃない。
今の日本人、殆どそうだよね。
日本人だけじゃない。
先進国と呼ばれる国の人には多いんじゃないのかな?
それってさぁ・・・。
今更、変えるの、一寸無理なような気がする・・・。
やっぱ人類、滅びるしかないような気がするよ・・・(−−;)
まあ、実感しちゃったから、せめて自分はできるだけ節水するけどね〜。
posted by にゃも at 12:54| 群馬 ☔| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

賢者の教え

私はとーっても批判が多い。

何か嫌なことがあると、すごい批判してしまう癖がある。

他人の批判をしている時、そういう自分を嫌だな辞めたいな、と思うけど辞められない。
そういうのを聞いてくれる人だって、そんな話聞きたくないだろうな、悪いな、と思うのに。
思っている事を喋らないと、出さないと、その毒が自分に回って、今度は過呼吸になったり、腰痛になったり、溜め込んでバクハツしちゃうので小出しにせざるを得なくなってる。


で、一昨日ちょいとしたものを見つけた。
バグワン・ラジネーシ、通称OSHOのサイトで。

ブッダが弟子たちに、必ず3回唱えるように、と言ったそうだ。

常に、「今」の自分の感情を3回、言って見るのだそうな。続きを読む▽
posted by にゃも at 11:44| 群馬 ☔| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

良い調子を保つためのまとめ

以下が自分の場合の調子の狂う大きな原因かと。
まとめてみました。続きを読む▽
posted by にゃも at 10:27| 群馬 ☔| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

無題

もしここがアメリカで

護身用の銃が机の引き出しにあったら

わたし・・・

記憶がしまわれているという

海馬

という場所を壊す為に

ズドンと一発

やってるかもしれない。

自殺したいんじゃない

記憶を消したい

ウツというのとも違う。

ありとあらゆる治療法もやった。

自分にできるだけのお金も随分使った。

乗り越えよう、乗り越えなくちゃと思って頑張ってきた。

でももう疲れた。

深すぎて癒えない傷っていうのがあるんだって

気がついたんだ
続きを読む▽
posted by にゃも at 04:11| 群馬 ☔| Comment(3) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

わたしの栄養

私の喜びは

蒔いた種が芽を出すとき、収穫の時

青い空や山並みが広がる景色

月夜に浮かび上がる黒い森の影

満月の夜地面に落ちる蒼い影

冷たくすきとおった川で過ごす時間

静かにつもる雪の晩

つもった雪の後の晴れた日の歓び

そんなものたち

人、を恋しいと思うより
そんなものたちを恋しく思う
posted by にゃも at 00:40| 群馬 ☔| Comment(2) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

PTSD(トラウマ性ナントカカントカ障害)

金曜日の事。
つまり、昨日だね。

昨日は近くで「豊田勇造」さんという、京都のミュージシャンのライブがあって行った。

相方がPAで、私はなんとなく流れで、受付と物販をしている。

勇造さんはこの時期、この場所に来る。
私は3年目の3回目、彼を聞く。

・・・んだけども、実は、怖い。

勇造さんの歌は、彼の表現で小さな音から大きな音まで使い分けるので、
静かになって耳を済ませている時に、急に大きな声やギター音を出すのだ。

で、驚く。

表現だから、当たり前なんだけども。
けど、普通の人にそれで大丈夫でも、
自分の場合は個人的なトラウマがあって、ムリ、と、昨日気づいた。

なんで彼の歌詞が何も理解できないんだろう?
と思ったら、音に驚いて頭がパニックになっているせいだったんだ、って、解った。

3回も聞いていて、初めて昨日、彼のギターが如何に上手いかを知った。
それほど毎回、大きな音でパニックになっていたらしかった。続きを読む▽
posted by にゃも at 18:18| 群馬 ☔| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

家族問題

寝られなくなっちゃった。。。続きを読む▽
posted by にゃも at 04:42| 群馬 ☔| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

ドロシーのこと

もう随分前になるけれど、ドロシー・マクリーンに会った事がある。
彼女はフィンドホーンの創始者の一人で、当時はアメリカ在住だった。
日本で講演会があって、聞きに行ったのだった。
講演会の後に暫くの間、直接話していたので、「会った」と言えると思う。続きを読む▽
posted by にゃも at 10:20| 群馬 ☔| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

マインドと魂

マインドはネガティブ、魂はノーテンキ(笑)。

人生でいろんな事あったので、それを元に構築された思考は何気にネガティブな私ですf^^;

小心者なので、常に最悪を考えておけば、それ以上の最悪はないから
何が起きても対処できるだろう、という感じです。

だいたい、そもそも。
なんで、あんな大変な親を選んで生まれてきたのか。

(そう、生まれる前に魂は親を選びます。)

それは私がノーテンキだったから。
そんな親から受けるキズも乗り越えられるだろうし、
「あっかるいからだっいじょーぶ〜〜〜^^」
などと思って、その親を選んだとしか思えない(笑)

事実、最近はあの膨大なキズも全て経験として肥やしにしてしまった感のある、自分。

続きを読む▽
posted by にゃも at 17:02| 群馬 ☔| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

悪い見本

昔体育の授業で、運動音痴だった私は体育教師に
「にゃもさん、出てきて、やってみて。」
と名指しで言われ、学年全員の前でバスケのドリブルをさせられた後、
「はい、今のが悪い見本ね。まねしないようにね。」
って、言われた事がある。

すごくショックでひどい教師だなって思った。
今でも覚えてるから、相当根に持ってるんだろう、私は(^^;)
だからって、何かするとかじゃないけど。
思い出すたびに「ひどい教師だったな」って思うくらい。
まあ、教師もヒトだからしょうがないね、って今は思うけど、でもひどかったなー。


大人になって、師匠に出会った頃のこと。
初めて彼が、我が家を訪れた時、まだそんなによく知り合っていなかったのに、彼はいきなり我が家の居間で、ゴロンと横になって
私と、友達の話を聞いた。

その態度にとても驚いた。
フツー、しないよね?
余りよく知らない人の家にはじめて来て、横になるなんて(笑)

それからあちこちで会うようになった師匠は、どこでもゴロンしていた。

後で、師匠は折に触れて
「今の時代ってさぁ。立派な大人ばっか見て育つじゃん。
そういうの、よくないよね〜。」
と言っていた。


彼の言うことは、とても良く解る。
続きを読む▽
posted by にゃも at 11:16| 群馬 ☔| Comment(2) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

恐怖と強迫性という名の自己

ソウ転するのは仕方ない事、と諦めて、余り深く探った事がなかった。

ここのところ、予定が立て込んでいて、まるで自分ではないかのように動き回っていた。

続きを読む▽
posted by にゃも at 13:38| 群馬 ☔| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

ソー転

遂に負けました(T-T)

抗精神薬だの、眠剤だの、てんこ盛りに飲んで29年。

もう、ほとほとイヤになって、最後のほうの数年間は減薬できたり、できなかったりして、ほんとにほんとに苦労して、やっとの思いで辞める事に成功。

続きを読む▽
posted by にゃも at 12:20| 群馬 ☔| Comment(2) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

怖い!

この不安をここに書いてしまう事を許してください、ごめんなさい。

自分ひとりで抱え込まないように、いろんな人に話してみたけれど、
まだ
一人で抱え込んでいます。

ちょっと、余りにもシビアすぎて、、、
参ってしまいそうで、、、いや、もう参ってますが…

重すぎる荷物なので、ここに書くことで、少しの間だけ、休ませてください。

不安になるのがイヤな人は、この先は読まないでください。続きを読む▽
posted by にゃも at 03:54| 群馬 ☔| Comment(2) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

アスペルガー

!

これ↓は、あたしの事だよ〜(^□^;)
今まで周りで、そういう事を話してる人がけっこう居たけど、興味がないのでまったく関心を示さずにいましたわf^^;
この、「関心を示さない事は理解できない」というのが、もう、まさに!
この障害の特徴なのねん?(^。^;)?

…今まで、O型だからなんだと思ってた…
人生、半分以上来ちゃったよ〜ん(^。^;)

障害の特徴に自分を当てはめてどうするの?
自分から障害だって認めるよう中に入ってどーすんの?

と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、こうして「特徴」なんです。
「理解できないんです。」
「悪気があるのではないです」
と、周りの人に認識してもらう事で、少しでも生きるのが困難でなくなるといいなぁ、
と、思っているのです。

もう、ほんとに、「直球!!」しか解りません、ハイ。
そういう脳の配線なんです。

続きを読む▽
posted by にゃも at 11:41| 群馬 ☔| Comment(2) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

群馬当事者研究・ピアサポート

なんだよなんだよ〜〜〜、なんちゅーことよ〜〜〜。
未知の感覚で知らなくて悶々としてた悩みは、
あ、そーいう事なの、それでいいのか〜。
順調なのね?
ナットク ナットク。

と、いう事を今日、群馬当事者研究ピアサポートという場所に行って発見して参りました。

前々から、べてるの女性メンバーが「虚しさの研究」という事をしていたのは知っていましたが。
(べてる というのは、北海道にある精神障害者の集団などの事です。
今日行った会は、そこのベテランソーシャルワーカーである、向谷地 生良さんをゲストに迎え、
向谷地さんの息子さんがコーディネーターとして関わってらっしゃいました。)

私は、その意味がぜんぜん解らなかったので、「ふーん? ・・・?」
という感じで、解らないからそれっきり見ていませんでした。

で、それとは全然別の話で。

実はここ1ヶ月以上、気分の低空飛行が続いています。
月1の心療内科の診察でも、そう、訴えてみたのですが、いまいちズレた答えが医師から帰ってくるので、自分でも何故低空飛行なのか解らないから説明のしようがなくて
「伝わってないけど、伝え方が解らん〜〜〜」
と、「ナンカチガウ」感を抱えて帰って来ました。

それがです、なんだか解ったんですわ、今日。続きを読む▽
posted by にゃも at 23:56| 群馬 ☀| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

測定器

そーいえば、昨日相方が倉庫からガイガーカウンター???
みたいな機械を持ち出してきました。

何が計れるのかと思ったら、放射能続きを読む▽
posted by にゃも at 12:51| 群馬 ☔| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

押し寄せる

ふと、夜。
相方が寝てしまった後の、夜。

被災地から帰ってきてから、実は、夜、毎晩悲しみが押し寄せてくる。

誰が、とか、何があったから、とか、言葉になるような原因は特にない。

ただ、ただ、悲しいだけ。続きを読む▽
posted by にゃも at 02:57| 群馬 ☔| Comment(2) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

こんな風に思います

中医研の、朝市に、出店者として数ヶ月ぶりに行ってきました(*^^*)

朝は寒かったけれど、陽射しが明るい、暖かい日になりました。

こうして、自分の事をあからさまに書くブログですが、コメントはないものの、反応していただけて非常に嬉しく、また、有りがたく感じています。

本当に、暖かいまなざしを、ありがとうございます。


続きを読む▽
posted by にゃも at 12:55| 群馬 🌁| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

HAPPYな死

この間、福島県で10日間過ごした時、
翌週、長野県でお祭りがある事を知った。続きを読む▽
posted by にゃも at 11:48| 群馬 ☔| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

当事者研究?『巻き戻し作戦』!!の巻き♪

忙しいとロクな事が起きません、自分の中で。

でも、今日、自分の場合はどうすると気分が落ち込むのかのパターンが見えてきました。

もしかしたら、他の人もコレは使えるかもしれないので、忘れないように書いておきたいと思います。

落ち込むとか、悲しいとかが理由もなく来る方、いらっしゃいましたら、是非試してみてください(^^)♪

※因みに、私は部屋と自分が汚くなると悲しくなりますが、逆に片付いてると落ち着かない方は、反対の事をしてみてもらうのはどうかな?と思います(^^)☆続きを読む▽
posted by にゃも at 09:27| 群馬 ☔| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

ほんとうのこと

本当の事を、多くの人に知って欲しいと思う。
続きを読む▽
posted by にゃも at 17:02| 群馬 ☀| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

愛とは、見返りを求めず、そばにいてケアすること。
私が思う愛とは、そういうこと。
posted by にゃも at 21:47| 群馬 🌁| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

正しい薬の飲み方

うーん。
う〜ん。。
う〜〜〜んんんんん。。。。。。


いまさら。。。

「正しい薬の飲み方」を知ったのだった。。。。。。


処方箋を飲むこと、29年にして。

いまさら、処方箋の正しい飲み方を知ったのだった。。。


私の処方箋薬暦の最初は15歳の時から。

今振り返れば信じられない薬の出され方、異常な飲み方を最初からしてたんだ。。。
原因は「学校に行かないから」。


29年前、学校に行かないと言えば世間一般的には「異常な事」という認識だったのだ。
まだ、「不登校」という言葉さえなかった時代だった。
「登校拒否」と言われた。

そして、「学校へ行かない」=「病気」というワケで有無を言わさず、薬漬けにされてしまった。
今では考えられない事である………

こんな薬の出し方って、あるだろうか?
ひどい事だなぁ………

学校に行かないというだけで、ほかは健康なのに薬漬けにされ、「障害者」のレッテルを貼られてしまったのだった。
続きを読む▽
posted by にゃも at 23:14| 群馬 ☔| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分に丸をつける

自分に丸をつける、みなさん、できていますか?

今回は、何かをするに当って、私が常日ごろ思っている事を書きたいと思います。

思い返せば日本の社会は
「這えば立て、立てば歩けの親心」
の言葉に代表されるとおり、
「今現在その子ができる事よりも、もっと多くの事ができるように」
という風潮があるように感じます。

保育園や幼稚園の頃からいろいろな事を習います。
就学すればそれはもっともっと沢山の事を習っていきます。
子どもは可能性があるから、それでいいかもしれない。

けれど、いわゆる学校で習う「お勉強」ができる子のほうが良いとされる社会に私は疑問を感じています。
それは、中学生くらいから感じ始めた疑問です。
「お勉強」以外にも人の能力はそれぞれなのに、どうも勉強できる子ばかりがいいとされるのは何かヘンだ、と。

中学生の頃、私には家庭教師がいました。
親戚のお兄さんでしたが、どうやらそのお兄さんは勉強が「好き」なんですね。
人間、好きな事は面白いのでどんどんするし、すればするほどできるようになるのは当たり前です。

私はいわゆる学校で教わる勉強には全く興味が湧きませんでしたから、
中学、高校とそれはそれは大変な思いをしました。
進学校に行かされてしまったので能力別にクラス分けされた状態での授業でした。
各科目ごとに、その時間になると生徒は自分の能力に合ったクラスへと移動したのですが、
いつも最低のクラスにいた私はとても惨めでした。
それに、そもそも興味が湧かない上にこんな風に「できない」レッテルを貼られるので
余計にヤル気が起きなかったのもまた事実でした。
だから、できない子はどんどんヤル気を失くし、最低のクラスを教える先生も全くヤル気のない先生たちで、英語などは1年間かけて終わったセンテンスが3項目だけ、という非道い有様でした。

しかし私は絵が描けたり、音楽や宗教の科目が得意だったりしました。
でも、進学校だったので絵や音楽の授業は能力別ではなく。。。。。。
自分の得意分野はあるのに、それは出来ても出来なくてもいい事、という分類の授業だった為に
自己評価はとても低いものでした。

人の能力を育てる筈の教育現場が、こんな事でいいのでしょうか?

どうも日本社会は
「その人の持てる能力」よりも、さらに上の事を要求する社会のような気がします。

例えば、障害者の支援現場でマッチ箱にマッチを詰めるのが3個できる人がいるとする。
そうすると、「次は4個できるようになりましょうね。」とやられる。
これでは、その人にしてみたら3個までは出来るのに4個はできない、
そして課題として与えられた4個ができない自分に×(ばつ)を付けてしまいます。
そして、出来ない自分を「ダメな自分」として評価してしまう。

そうではなくて、3個できるのならそれでよしとすればいいと思うのです。
そうすれば、その人は3個できた自分に○(丸)をつける事ができます。
自己評価はこうして上がると思うのです。

できない事をダメとするのではなく、できる事を○とする。

この事を繰り返していけば、自己評価は自然に上がります。
自己評価が上がると良い循環が生まれ、気持ちに余裕も出るので4個できる日があるかもしれません。
続きを読む▽
posted by にゃも at 21:07| 群馬 ☔| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする