2016年07月27日

危ないものを貰ってくるなー。

IMAG1454.jpg
我が家は買わないのですが、数日前相方が箱で頂いてきてしまいました。
何でも、くれた人が言うには「安さに負けて買ったけど、飲んだら具合が悪くなった・・・。いらないですよね?」と言ったのだそう。
貧乏性の相方、「くれるものなら喜んで」と頂いてきてしまったそう。
しかも、何度も「本当にいいんですか?」と念を押されたそうなのに。

しかし、心配になったらしく、私に打診してきたので、
「いやいや、ダメでしょ、飲んじゃ。」と一蹴。
IMAG1455.jpg

買わないので知らなかったけど、NO1とか書かれてる。
こんな危ないものが、日本ではNO1なの?

ラベルの下のほうには、「発泡酒」の文字。
裏の原材料には、どこにも「麦」の文字がない・・・。
これは、食品のお化けでしょう。

買わないので興味ないから、いつからか知らないけど、遺伝子組み換え使うのでしょう?
もう使ってるのかな?

遺伝子組み換え食品は、腸壁に穴が開くそうですよ。
そこから、未消化の食品を取り込んでしまい、それを免疫システムが「敵」と判断し、記録するので、次に同じものを食べると、それを敵として認識&攻撃、「アレルギー反応」として出るそうですよ。
これは、少量なら大丈夫という問題じゃあないですね。
取り込まないことが大事。

・・・という話をしているのに、気づくと冷蔵庫に冷やしてある・・・見つけては出す私。

すると今度は相方の部屋で空き缶を発見。。。

もう好きにしなさい。。。

抗うのも疲れるので、見捨てる。
言うだけは言ったから、これで具合が悪くなっても看病しません。事故責任でー。
我が家は、共依存の怖さを知っているので徹底して自己責任です(^^;)
posted by にゃも at 12:13| 群馬 ☔| Comment(0) | 食。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。