2016年07月05日

自家製 薬

13606574_263443277358672_20299053916031537_n.jpg
自家製のお薬、いくつか。

*梅干し(20%天然塩)

毎朝1個、生姜の絞り汁と生醤油をお茶に入れて飲む。

天然塩が体を暖め、締め、代謝が上がります。梅のクエン酸が疲労物質を分解。疲れ知らずに。

*枇杷ジン漬け

漬けるのはアルコール度40以上なら、何でも良いらしいので、これはジンで。
ウォッカの時も。

切り傷、擦り傷の他、風邪薬や胃腸にも。つまり、これも免疫力を上げるという事。万能薬。
具合が悪いなと思ったら、お猪口一杯を食前に、1日3回位。

*卵油

なんだか調子が悪くて、梅肉エキスでも効かない時、わずか1~3滴位を掌に垂らして、ペロッと。

心臓の特効薬。

*虫さされ(かゆみ止め)

ご存知、蛇イチゴのかゆみ止め。
蛇イチゴ、ミント、ウォッカ。(40度以上なら何でも。でも、焼酎で漬ける人もいる。)
メントールという、ハッカの結晶を熱湯で溶かして入れると超効きます!
スースー。
新しければ2~3かけらで十分だから、入れすぎ注意。1年以上経過した物は10かけら程度を使います。

ところで、どくだみの美白化粧水は漬けたはいいが、この後、どのタイミングでどーしたらいいんだか…?
アルコールはその揮発性から、肌を乾燥させるから、沢山は使わない方が良いので、せいぜい10%位かな。

どくだみ抽出液10cc
精製水90cc
グリセリン小匙1/4(入れすぎるとベタついて使いづらいので注意)
ラベンダーかローズかネロリの精油1滴

という割合だろうな。

精油と水は混ざらないので、必ず最初にグリセリンに精油を溶かしてから、水分を入れてね。

薬事法に違反するので、肌に直接つける物は基本的には売れません。注意!
posted by にゃも at 11:52| 群馬 ☔| Comment(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。