2015年06月09日

マスク刺繍

昨日、一昨日はマスクの刺繍をしていました。
(勿論途中でお勤めもしていました^^)

IMAG0374.jpg

最近、一寸動けなくなって体がダルくなっています。

IMAG0375.jpg

少し前にお隣さんが除草剤を蒔いたのが原因と思います…。。。
とても広い土地なので、草退治が大変そう。
シートを地面に張っていました。
が、紫外線でボロボロになっていて、穴だらけなので
穴から落ちると思い、その上から粒状の除草剤を撒いたそうです。
撒いてすぐ、強風の日が何日かあって、風上だったので
モロ、家のほうへ飛んだよう。

まさかそんな事をしているとは思っていなかったので、
そんなに風が強くなるとも知らず、その日は窓を開けたままで
仕事に行きました。
帰宅後、家中ジャリジャリするので夜11時過ぎにほぼ泣きながら
掃除機&全面ぞうきんがけしました。

が、まさか、その中にそんな危険な除草剤などというものが
混ざっていたとは知らず。
マスクなどせずに行ったので、多分吸い込んだのでしょう。

粘膜は手の甲を1とした時、影響を受ける桂皮毒は40倍と言われています。
最初に鼻孔、喉、呼吸器の粘膜がやられたらしく、
呼吸困難になりました。
いくら空気を吸おうとしても吸えないのです。
何日も、すごい苦しかった!
それは今もまだ続いています。
体としては有害物質を吸い込まないように最大限工夫してくれているのだと感じます。
が、苦しい!
喉も痛いし、眼球も影響されるそうで、眩しくて目を開けていられず、
ドライアイのように乾き、仕事ができませんでした。
そして、肝臓もやられているらしく、ダルくて仕方ないです。
新鮮な空気が吸えないのだから、全てに影響が出るとは思いますが。

また、猫が外を歩き、その前足を舐めるので
彼女は除草剤をモロに舐めているといえます。
目の粘膜が赤く腫れていて、常に黒っぽい目やにが。
肝臓も相当悪いらしく、黒猫なのに毛が赤茶けてしまいました。
食べものを吐くようになり、かなり痩せてしまいました。
以前は活発に行動していましたが、ダルいらしく
殆ど家で寝て過ごしています。
…死んじゃうのかな…?
死んじゃったら、賠償してもらえるのでしょうか?

また、敷地が0メートルの隣りなので、
うちが購入して楽しみにしながら、少しでも家計を浮かそうと
必死で化学肥料も農薬も一切ナシで育てていた
夏野菜、殆どがまだ小さいのに実をつけ。
それ以上伸びないか、枯れはじめてしまいました。
つけた実は、除草剤が残留していると思うので
怖くて食べられません。
人間に例えると、
まだ3〜5歳の幼児に無理矢理成長ホルモンを与え、
妊娠させて老化させたり、殺したりしているようなものです。
非道いですよね………。。。

お隣さん自身も、除草剤の風下に果樹や野菜が植えてあり、
「全滅しちゃったわよー」、と笑っていました…
(笑い事ではないと思うのですが???)
肝臓の数値がお酒を飲まないのにいつも悪いと言っていました。
除草剤の危険性が全く理解できておらず、
困る事態と結びついていないのだと思われます。
私がその事について事情を話そうとしたら、話を全くそらされてしまいました。

…こういうの、どうしたらいいのでしょうね?
困っています…。。。

…って、あ。
いかん、困りごと相談みたいになっちゃった(^^;)

で、マスクの写真、まだありました☆

IMAG0376.jpg

グラデーションの糸で縫うとどうなるかな?
と思ってやってみました。

IMAG0377.jpg

優しい色合いになりました^^
(写真の向きがあちこちなのは、
直してみたけど直らないので勘弁してね〜f^^;)




posted by にゃも at 14:22| 群馬 ☔| Comment(0) | 販売物☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。