2015年05月23日

Mother Earth Day in 群馬の。

原発事故以降、「何かしたい」と思い、
できることは動いてきました。

その頃、今盛んな出店イベントの先駆けとなるような、
群馬県高崎市の中医研という場所で
「ふれあい朝市」というのがありました。

そこである時配布された、ヤギと猫と犬の顔の絵が書かれた
手書きのチラシに「仲間募集」みたいな事が書いてあり。
何かしたくてウズウズしていたのでとりあえず参加してみました。

それが、「未来にちにち堂」でした。
「未来にちにち堂」から分家(?)したのが、
「日カフェ」。

日カフェは、各々ができるワークショップをしよう
というものでした。

それが、今も私が続けている「つくる・暮らしのワークショップ」です。
日カフェは、何人かのメンバーがそれぞれやっていたので、
ほかの人のWSに出ようとすると、なんと1週間に4日も
会場である中医研に通うという事が起きました。

それはそれで面白かったけど、さすがにちょいと辛かったかも(^^;)

それで、全員がなかなか一同に会せないので、
じゃあ一同に会せる日を作ろう、
という事で始めたのが
「日カフェday」。

最初は中医研でお店を出していたけれど、
途中からメンバーの一人が場を提供してくれる事になり
「循環の森 山の家」
と名づけられた、赤城山の麓の「富士見村」へ移動。

それも2年やってみて、前述の自分のWSもやったり休んだりしながら
もう3年。
こちらも場所を中医研から自宅へ移動しました。
月に2回のペースで開催しています。

さて、そして。

前々からお祭りをしてみたいと思っていました。
とか
長野県の佐久のアースデイに行ったら、とても楽しかった!
とかいう中。

三喜屋の佳子ちゃんが
「にゃもさんとイベントできたら楽しいだろうなー」
と言ってくれ。

「じゃ、やるか。」
という気に。。。

こじんまりしたものが、本当はユルくて素敵ですごく好き。

けど、なんかね。
やっぱりね、危機感が、あるのですよー。

余りにも進みすぎてる環境破壊がね。
安部政権のかもし出す、戦争へずるずる引きずりこまれている空気がね。
一刻の猶予もない、いや、もう遅いのかもしれない、
という危機感が。

こじんまりやって何が素敵かって、来場者もほとんど顔見知りになるであろうと
想定される、その安心感とか。
場の雰囲気がいい。

それはそれでいずれやってもいい。

けど、とりあえず私は緊急性を持って、
一人でも多くの人に、個人でもできる破壊を止める為の
小さな行動がある、って事を、知って欲しい。

だから、公園でやってみようと思いました。

いろいろな人に声をかけています。
おとといとか昨夜とか、人がうちに来て想いを話しました。
気づけば、全員が前述の「ふれあい朝市」に出店していた人でした(^^;)
明後日の月曜日は、「未にちにち堂」の定例会にて
(山の家にて、夜7時から、1品持ち寄り)
お話させていただける事になりました。

リンクに、今、できたてホヤホヤのブログを貼りました。

わたし、ヤル気ですよー^^♪
やりますよ〜(^▽^)♪

応援してください。
よろしく、お願いいたしますm−−m


posted by にゃも at 21:16| 群馬 ☔| Comment(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。