2014年12月29日

ホピの予言から

ホピというのは、ネイティブアメリカンの一つの部族の名前です。
そのホピの教えや予言が書かれている本をめくりました。

しっかりと、胸に刻まれた一文、それは
「女が男の服を着るようになり、
スカートの丈は短くなり、
女はその聖なる体の価値を失うだろう。」
というものでした。

その時代は女性は下半身がしっかりと
大きく膨らんだドレスを着ていた時代です。
ドレスの中は、沢山のペチコートやドロースといって
短めのパンツの裾を絞り、冷たい空気が入らないようにしたもの
などを履いていました。

昔は、
望まない妊娠をした時は体を冷やすものを食べたり
冬の川に入るなどして体を冷やし、赤ちゃんを堕す、
という事をしていたのです。

その位、女性は体を冷やしてはいけないという事が
当たり前として誰でも知っている事でした。

この予言の「女が男の服を」は、スカートではなく、
パンツスタイルになる事を指しています。
実際にその通りになりました。

そして、中央集権による国民コントロールの成果あってか、
古い智慧を持つ各地の民族の教えが忘れ去られ、
お金優先の「支配下」の中で知らないうちに
「よい事」として流行を追わされ、
確かに、スカート丈は短くなりました。

結果、何が起きているか?というと。

つまり、冷えてるんです、女性の体。
昔に比べて、ものすごく。
冷えると、何が起きるか?
様々な病気の元、のみならず。
生理痛が重いのも当然ながら。

そう、「妊娠しづらい」のです。

「命」という人にはどうにもできないもの、
それは、「聖なる尊い力」によって
万物の像物主によって作り出されるもの。

「聖なる体の価値」とは、「命を宿す価値ある体」
という事です。
その価値が、失われるだろう、と。

この数年私は事あるごとに冷えとりを提唱し続けています。

ずっと長い間、自身を癒す時間を取られていたので
社会で何が起きているかは割りと無頓着でした。
世間ズレを自ら作り出しているというか、
迎合しないというか。

その私が、スーパーのレジに入っていてすごく気になること。

いろいろあるのですが、
一番言いたいのは
「冬にアイス食うなーっ!!」です(−−;)

それ、めっちゃ冷えますがな。

ついでにいくら腸内細菌を増やすといっても
ヨーグルトNGでっせ〜〜〜!!
冷たいじゃないですか。

TVが何を言ってるか知らないけど、あんなの信じちゃダメですよ?
物事は多角的に考えましょう。
ヨーグルトは善玉菌を増やすのはいいけど、
冷たいから冷えるのです。

基本的には体温より冷たいものは冬は食べないようにしたほうが良いでしょう。

それに、南で摂れる、夏摂れる食べものは
基本冷えると思って良いと思います。

バナナとかパイナップルとかきゅうりとかトマトを…
レジで見るといたたまれなくなってきます・・・。

特に、小さい子ども連れのお母さんが持ってくるカゴに
入っているのが
バナナ、ヨーグルト、アイスが箱ごと と
生野菜のサラダ、ココナッツオイル、
肉、肉、肉、肉!
だった日にゃあ…

血を汚すものと、血流を悪くする(冷やす)ものしか
入ってないじゃ、ありませんかΣ(−□ー;)!!

10年後、何かしらの不定愁訴をこの子は抱えるハメになるんだろうな、
或いはこの家庭は10年後幸せでいられるだろうか?
と不安になって仕方ありません(−−;)

冷えはファッションのみならず、
体の中も冷やさないようにする事が一番大切なのではないだろうか?
と、思います。

いくら湯たんぽを入れても暖房を強にしても。
それ以前に体調が悪い原因が冷える食生活にも大いにあると
多くの人に気づいてもらいたいなぁ・・・。

そう、思います。
posted by にゃも at 21:29| 群馬 ☔| Comment(20) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヨーグルトは室温に戻してからではダメですか?
Posted by みん at 2014年12月30日 07:53
ヨーグルトは室温に戻してもダメですか?
教えてください
Posted by みん at 2014年12月30日 07:54
みん様

室温にしてからのほうが良いと思います^^

ヨーグルトに入れる甘味も白砂糖のみならず、
殆どが冷やすので注意しながらですね☆

甘味=冷やす
塩味=暖める

という法則もあります^^

Enjyoy your life!
Posted by にゃも at 2015年01月05日 10:16
ありがとうございます。
甘味と塩味で違いがあるのですね。
参考になりました。
冷え取りを始めても挫折してしまうので、気にとめてみます。
ありがとうございました。
Posted by みん at 2015年01月05日 13:29
あまり力まず、できる範囲でゆるっといきましょう^^♪
Posted by にゃも at 2015年01月16日 10:52
アドバイスありがとうございます。
今のにゃもさんには必要ないことかもしれませんが、ヨーグルトの中のビフィズス菌が安定して腸内にあるとウツになりずらいらしいです。
かといって体を冷やすとあちこち痛かったり、だるかったり・・。
私も患って30年以上になります。
良い医師にも巡り会えず・・(涙)
意志の弱い私ですができることから始めてみます。
Posted by みん at 2015年01月28日 03:12
みん様

ビフィズス菌のみならず、腸内細菌業はまだ人間に発見された乳酸菌の数だけでも4000種類程度、未確認の菌がものすごく沢山いるそうです。

ヨーグルトは白人の文化で、その国に適合してきた菌と人間の相互関係ですから、そういう意味では日本人が長い間かけて適合してきた腸の環境と言うのは、ぬか漬け、味噌なのだと思っています。

あと、セロトニンという物質が少ないとウツになりやすいというデータがあります。

セロトニンはお日様を浴びるとできるので、(特に朝日が良いそうです)太陽を浴びるのがとても良いですね。

因みに、オゾン層の破壊で日光を浴びると皮膚がんになるというのは、メラニン色素が少ない白人の場合の話です。
白人は太陽光線の少ない場所で、黒人は多い場所で、黄色人種はその中間的な場所で、何千年もかけて適応する体を作ってきました。
だから、今の環境だとしても、黄色人種である私たちは、お日様は浴びるほうが良いのです。

だって、お百姓さんで皮膚がんの人って余り聞かないでしょう?
そもそも黄色人種・黒人には皮膚がんは少ないです。
あるとすれば、オフィスなどで蛍光灯の紫外線を浴びている人に多いです。
座り仕事で体を動かさず、冷房で体が冷える仕事についているタイプの人です。

また、体の免疫(痛んだ細胞を修復する細胞が活性化する)には、体温が高いほうが良いし、時間帯は夜の10時〜夜中の1時に活性化します。

だから、夜更かしする癖がある人は50代、60代と進むにつれ、殆どガンを患うというデータも出ています。

できるだけ朝起きる生活にしてお日様をよく浴び、冷やさないようにする生活をしていくと良いと思いますよ^^

(因みに、病気は医者や薬が治すのではありません。
それはあくまでも補助であって、治すのは本人の意思と努力が、免疫を高めるのです。
病気の原因は誤った生活習慣ですから、それを見直す為に病気になるのだと思います。
ストレスを生活から減らし、動きすぎる人は休息するように、逆に動かないタイプの場合は少し体を動かして玄米・野菜中心の食事にしていくと良いと思います^^
病気になったのと同じだけ、治る時間は長いですが、
方向を間違わなければ、必ず良くなります。
私はそれで、脱却しました^^
マジメになりすぎない程度にできる事からやってみると良いですね^^)

新潟大学の、安保徹先生の本がオススメです。
Posted by にゃも at 2015年02月06日 17:27
にゃも様

お忙しい中、沢山の情報をありがとうございます。
何世紀にもわたる環境と文化との相性があるのですね。
だとすると慣れない土地に移り住んだ人は大変ですしお気の毒ですね。色々考えてしまいました。

安保先生監修のレシピ本を買ってみました。
目を通してみて一食にこんなに種類作れない・・と思い、免疫上がらなくてもいいや〜〜とせっかく色々教えて頂いたのに諦めモードだったのですが、にゃもさんのいう”ゆるっと”を思い出し、作れるものから一つずつでもいいから始めればいいんだと考え直しました。
あとは眠りが不安定なので、日中なるべく起きているようにして10:00p.m.から3時間を含み眠るように心掛けます。
まずは冷えを克服することを考えてみます。私も病から脱却できるといいのですが、何もできないときは本当に何もできなかった時期が長かったので自信もないですし、時間もかかりそうです。
私の場合、最初が誤診だったので西洋医学においても方向を誤っていたようです。

意志と努力には自信がなくて、疲れを感じてすぐに布団に横になってしまうのですが、いただいたアドバイスを大切にできることからゆっくり始めていきます。
ありがとうございました。


Posted by みん at 2015年02月12日 15:06
みん様

安保先生が料理本を出しているとは知りませんでした。
今、アマゾンでチラと見ましたが、面白そうですね^^

手抜き玄米邪食の我が家、粗食でいいのよ〜、と、玄米とホンモノのお味噌とダシでお味噌汁作るだけで、後は黒ゴマスリスリして振りかけて食べてます。
あと、冬は沢庵、夏はぬか漬け。
玄米はかなりな完全食だから、他は余りいらないのですよね〜。黒ゴマ成分と醗酵が欲しいので、こういうゴハンになってます(^^;)
ああ、手抜き・・・。でもラク♪

料理本は穂高養生園のレシピが美味しくてキレイで好きです。
難易度が高いので見てる事が多いのですが、気が向くと作ります。
ブログもあるし、本も出ています。
写真集扱いにしてます〈笑)

食事で一つ、どうしても最初にして欲しいこと。
それは、調味料だけでもきちんとしたものを使ってください、という事です。

自然食品店さんなど近くにあると良いのですが。
そういうお店の方は大抵詳しいので聞けば色々教えてくれると思います。

後はネットで購入するなら、ケンコーコムだったっけかな?
マルシマの醤油、平出油屋さんのなたね油とゴマ油、
ヒマラヤソルト、てんさい糖又は黒砂糖などです。

ダシも化学調味料を使っていないものをオススメします。

まずはここからでも変えていく事を、多くの方にオススメしています。

そして、できるだけカレー、シチュールー、丸みやの○○の素やら、クックドゥなどの箱モノをやめて行く事です。
ものすごく沢山の化学調味料や、体内で分解できなかったり蓄積されてしまうモノが入っています。

料理本は「基本のもの」が載っている初心者向けの簡単なもので、使う調味料を上記のものにし、本にあるレシピから3つ程度作ってみます。
口に合えば、その本のレシピが合うという事です。

間違っても、今流行のレンジレシピなどには手を出さないでください。
レンジ加熱は分子構造を変化させるので発ガンの可能性が上がるほか、プラ系、樹脂系なども加熱調理すると環境ホルモンを出し、体内に蓄積されてしまうので絶対にいけません。

また、大抵は味覚が皆さん、相当狂っていらっしゃるので、徐々に使う調味料の中から砂糖の分量を減らしていくのがオススメです。

ながながとすみませんでした。
Posted by にゃも at 2015年02月14日 22:08
にゃも様

調味料も大事なのですね。
我が家も生活クラブが長くて調味料はそちらでそろえてました。次から教えて頂いたものを使ってみますね。

安保先生のレシピ本は極めて基本的なレシピが載っているもので、サツマイモとマイタケの味噌汁やゴボウの酢の物や、お料理が上手なにゃもさんには今更な内容かもしれません。

今回も色々教えて頂きありがとうございます。
とても勉強されているのですね。
熱心さを見習わなくては・・と思いました。
電子レンジに疑問を持ったことがなかったので目からウロコです。

私は根気がなくて・・本も最後のほうまで読んでも最後まで読み切らないことが多く・・。

最近は新聞も本も読んでも頭に入ってこないのが悩みです。
何度か読み直さないと理解できないのです。
まいってしまいます。悲しいし。

私事を書いてしまいました。

これからもブログ拝見させてくださいね。
いつも良い情報をありがとうございます。
焼き物細工、好評でよかったですね。
Posted by みん at 2015年02月18日 03:08
何だかコメント欄でのやり取りを切り上げるかのような書き込みをしてしまいました。
大変失礼しました。
出店準備などでお忙しいこととは思いますが、失礼を許していただけるなら、また色々教えてください。

調味料、油以外をそろえてみました。
調味料だけでも早く実践したほうがいいかと思いました。
なかなか完璧には冷え取りに取り組むのが難しそうで、まずは安保先生の冷え取りレシピと調味料から始めてみます。

数年前、私もシルクと綿を交互に重ねる冷え取り靴下を試したのですがすぐに指の部分に穴が空いてしまい、諦めてしまいましたが、あれは効果の現われだったのかもしれないとにゃもさんのブログを読んで思いました。

私は西洋医学に頼りがちで、良い医師に巡り会えないと書きましたが、良い先生も過去にも一人短い期間でしたがお世話になりました。今見て頂いている先生も信頼できる技量の方です。

昔、処方された薬が全く体に合わなかった頃なら自分で薬をやめようと考えたかもしれませんが、今は少ない薬で落ち着いているので、薬を手放す勇気が持てずにいます。
ただ冷えが病状に与える影響というのはわかるので、できることから始めたいと思います。

冷えが取れると免疫が上がり病状が良くなるのですよね?
教えてくださりありがとうございます。

このコメント欄にも随分書き込みをしてしまい、お手を煩わせすみませんでした。
丁寧なお返事をいつもありがとうございました。


Posted by みん at 2015年02月24日 02:35
みん様

ここでのやりとりがお手紙みたいになってて面白いなぁと思います(笑)

生活クラブなら、そうそうは悪くはないですね^^

私の周りにも生活クラブの方が沢山いて、再三加入を勧められていますが、加工食品が多いので我が家はそうしたものは殆ど手を出さないので(味覚をバカにしてしまう化学調味料を使っているものが多い為)断り続けている次第です。

安保先生の料理本、図書館で借りてきました。
書かれている事は「免疫革命」という本の内容と、大事な部分はほぼ同じですね^^

ただ、体を冷やす、暖める食材の項目ではマクロビオティックとは少し考え方が違うのだな、と思いました。
どちらが正しいってのは解りませんが。

大事な事は意識して気をつけている事だと思うのですよね。

絹の靴下に穴が開くのは全くその通りだと思います。
さっき、記事にしたのですが、絹は老廃物(汗)に含まれる酸に反応して溶けるので穴が開きます。
と言う事は、穴が開きやすい人ほど体液(汗や血液)が酸化してしまっているという事です。
これは、体からの警告です。

これが、重ね履きを勧める一つの理由でもあります。

西洋医学の検査などでは出ない微細なサインをいち早く知る事ができるからです。
(西洋医学の検査で出る場合は相当病気が進んでいたり、或いは誤診も多いので要注意です。)

西洋医学で出される消炎鎮痛剤、ステロイド剤、解熱剤、免疫抑制剤などは全て、血流を悪くし、体を冷やす事でその時だけは、症状が抑えられます。
患者は痛みや腫れが引くので治ったと勘違いし、患者の具合が良さそうなので医者はこの治療が正しいと思い込んでいるという状態です。

しかし、病気の元は押さえ込まれ、体内に蓄積されているだけなので、長い年月のうちには免疫が弱まり、風邪を引きやすくなったり疲れが取れづらくなったりします。
深部体温というものを冷やしてしまうからです。
その、最たる症状がガンなどです。

つまり、発熱や痛みは破壊された組織を治すために血流を興し、熱を上げて免疫が働きやすくする為の自然な体のメカニズムなのですが、その不快な症状を消すために努力した結果が現在の冷やしすぎる医療なのだという感じです。

これは、深部体温を上げる事に長い年月をかけてきた東洋医学と真逆の方向性です。

だからいつまでもだらだらと次から次へと異なる症状が出てきて、医者通いが長引いてしまうのです。
本当に根治できる医学なら、こんなに長い間病院に通う患者が多い筈はありません。

・・・なんか長くなってきたので、まあ、ここら辺でやめときます〜f^^;
一人で白熱しちゃった〜f^^;
Posted by にゃも at 2015年02月27日 17:20
にゃも様

こんにちは。
冷え取り靴下も奥が深いのですね。興味深く拝読しました。
まだ引き出しの中に取ってあるはずなので、私も直してみようと思います。

東洋医学は時間がかかっても完治する医療なのですね。
西洋医学では この病気は治らない と言われてしまいますもんね。

体温を上げることにもっと一生懸命にならなければ・・。
深部体温を上げるということをもっと理解したいと思ったので安保先生の本を図書館で探してみようと思います。

白熱、ステキです!

また、お願いします。
Posted by みん at 2015年03月05日 16:07
みん様

ゴメンなさい〜f^^;
そうなんですよね、すぐ「治らない」とか「原因不明」とか「一生薬を飲み続けなければいけない」とか。
もうそんな、いい加減な医療は懲り懲りです(T-T)

私もかつて薬を何十年と飲まされていたので、他人の何倍もの努力をしないとすぐ冷えてしまう体質になってしまっていて・・・。
本当に、西洋医学と間違った栄養学で体も人生もめちゃくちゃにされたなぁ・・・と、返す返すも悔しいのです(;;)

阿保先生の本は「免疫革命」という本です。
アマゾンで私、10円で買いました(笑)

良い方向へ舵取りできますよう、お祈りしています^^
Posted by にゃも at 2015年03月07日 17:26
にゃも様

免疫革命 ですね。
ありがとうございます。

西洋医学の薬が体を冷やすと教えて頂いてから、ぬるま湯やお湯で薬を飲むという焼石に水のようなことをしてました。
確かに体調が大きく狂う時って体が冷え切っているように思います。

勉強して冷え取りを成功させたいです。

色々教えて頂きありがとうございました。
Posted by みん at 2015年03月14日 10:51
にゃも様

追記

にゃもさんもいい体調を維持されますようお祈りしております。
Posted by みん at 2015年03月14日 10:56
みん様

はい、どうぞ暖めること色々してみてください^^
暖める方法は一つではなく、沢山あるので
自分がラクにできる事から始めるといいと思います。

暖めすぎて大汗をかいた後は、深部は熱を放出して冷えてしまうのでご注意を。
(暖かい国の辛い食べものとか、です^^;)

安保先生の免疫革命、面白いですよ^^
Posted by にゃも at 2015年03月21日 18:42
にゃも様

お久しぶりです。お元気でお過ごしでしたか?
お祭りに行かれてたのですね。HAPPYな時間を過ごされたのですね。私も嬉しいです。

免疫革命 入手しました。
しかし! 難しいです。。。
最近特に簡単な文章しか読めずにいるのです。
冷えに関する301ページの部分だけ読み、後はぺらぺらとめくってみましたが 難しくて私には無理かもしれません(涙)

また、ブログで色々教えてください。
よろしくお願いします。
Posted by みん at 2015年04月05日 07:03
みん様

私も、そんな感じですf^^;
自分に必要な箇所だけ理解できればOKかな?
っと、後は読んだか読まないか、ですf^^;
Posted by にゃも at 2015年04月09日 17:46
にゃも様

こんにちは。
そうですよね。
不調の原因が冷えであるように結論はシンプルなんですよね。
読まないことには始まらないです。
目からウロコです。
ありがとうございました。
Posted by みん at 2015年04月15日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。