2014年11月05日

JAM

今年の夏に向かう途中。
知る人ぞ知る、『わら1本の革命』という本の著者
福岡正信さんの自然農園の夏みかんが入手できた。
福岡さんはなくなっているけど、お孫さんが継いでいるそう。

一粒、一粒に張りがあって、口の中ではじけるような
食べた事のない、すごく良い食感だった。

あまりに美味しいのでいっぱい食べて、皮は余す事無く
全てマーマレードにした。

XX-25544430-181927-960-100.jpg

マーマレードの苦味がすごく苦手で食べられなかったけど、
この夏みかんの苦味は大丈夫だった。
もしかしたら、苦味というより農薬に反応していたのかもしれない・・・。

ちゃんと奪気して逆さに伏せて保存、保存。

XX-4A7C3D53-136810-960-100.jpg

秋の今頃になって、食べていたジャムを切らしてしまったので
コレを思い出して最後の一瓶を開けてみた。

常温保存で夏を越したけど、全く何ともなってなくて
ちゃんと食べられた^^♪

季節のものは季節に食べるのが一番、体が欲しているから
美味しいけど・・・。

あの季節を思い出しながら、懐かしく食べるのも
又、味わい深いです(*^^*)
posted by にゃも at 23:28| 群馬 ☔| Comment(0) | 食。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。