2013年10月25日

良い調子を保つためのまとめ

以下が自分の場合の調子の狂う大きな原因かと。
まとめてみました。

親に会う
・・・どう考えても会った後に違う人格になりやすくなります(−−;)最大のスイッチ。

日照量
以外に知られてないけれど、日照量が足りないとウツになる。
だからヨーロッパなど、寒い場所のお金持ちは昔から暖かい国に別荘など持っていて、冬になるとそちらで暮らした、、、らしい。
実際に外でキャンプしてると一日中陽を浴びてるからか、調子がいい。
で、去年勤めて屋根の上で過ごしてみたら、冬もずっと、調子が良かった。

運動量≫
筋肉足りないと、いろいろ弊害が。
あと、少し汗をかくほど運動すると、頭の中もなんだかスッキリ。
血流が良くなるといいのかも?

冷え
中国医学では腎臓が冷えるとウツになるという。
実際に寒いとロクな事、考えない(−−;)
お風呂や湯たんぽ、布団で改善すること、多々。
血流が良いと万病に効くのはよく知られているので当然といえば当然なのに、案外医者は指摘しない。

人との距離
近すぎると傷つけあってしまう。
遠すぎるか、年に一度程度会うのがいいみたい。

後、会う相手にも寄るけどね、もちろん。
こればっかりは非常に難しく面倒な話なのでここでは割愛。

食べ物
まさかコレがこんなに重要とは思ってなかったよん。
最初は何の宗教かと思ったけど、体験したら確実にその通りだった。
大きなキーワードの一つは微量元素
もう一つは菌でした。

微量元素、とは昆布、シイタケ、にぼしなどダシに多く含まれているもので、コレを顆粒のダシ〈無添加のヤツでも)で代用するのと、きちんと前日から水に浸しておいたのを食べるのとでは、全く違いました。

現代人は昔の人と違い、キッチンで鉄製品を使わないので鉄の摂取も難しい。
昔は包丁、鉄鍋、鉄びん、糠ドコにさびたクギなどを入れていたし。
と、いうわけでうちは糠ドコに錆びた釘、入れてます。
鉱物、も微量に必要なんですね。
以外ですけど。


これはもう。
人間の体が菌でできている、その菌に操られている、といっても過言ではないほどどんな菌を増やすか、で、性格も変わってしまうので超重要です。
が、研究があまり進んでないのとポピュラーではないので、これまた余り知られてない。
しかし最近は発酵食品がいいとか、酵素がいいとかCMで見ますね。

またしかし、日本の現在の厚生労働省の食品衛生基準では、痛むのを恐れる余り、商品として店頭に並ぶには
「火入れ」
して、良い菌も殺すように指導してます。
だから、いくらスーパーでヨーグルトや味噌勝手もダメ。
あんなの死んでますから。

自分で作るか、作ってる人に分けてもらうか、後は地場産を扱う店と自然食品店では味噌は生きてるのが入手できるかもしれません。

化学物質をできるだけ摂らない、吸い込まない。≫

猛毒のダイオキシンをはじめとし、環境ホルモンといわれるもの。
蚊取り線香などの農薬類。
洗剤を始めとするもろもろのもの。
身を包む衣類に施されている処理。。。
数え上げたらキリがなく、この話を追うと一生を費やさなくては為らないので割愛。
調べてくださいまし。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と、いう事です。

こんなにも色々あって、それを気にしながら生活してるんですが、他の人を見るとそんなに気にしないでもある程度の状態を保っているんですよね。

で、こうまで生活に気を配らないと、或いは配ってても調子を崩してしまうというのは、もしかして自分は虚弱体質なんじゃないの?
と、少し前から思ってまして。

昨日ふと、相方に申して見ましたら、
何を今更言ってるの?という風な感じで
「他に見た事ない程弱いよ。よく今まで生きてきたなぁ、って思う。」
と言われてしまいました。

は、は、は(((((^^;)


posted by にゃも at 10:27| 群馬 ☔| Comment(0) | 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。