2013年09月27日

≪体だけでなく、こころを癒すごはん≫

IMAG2468.gif

*ズッキーニのスープ
 今年最後のズッキーニは大きくなりすぎてタネとなり(^^;)
 たまねぎと一緒に煮込んでポタージュにしました。

*紅鮭としその実のプチプチごはん
 玄米のプチプチを味わうべく・・・。りんごジュースと、まだ青い柚子を絞って爽やかな酸味の味付けをし、
 焼いてほぐしたきれいな色の鮭(とうとうロシア産です・・・。養殖じゃあないけど)と、
 季節が進んで今年も実をつけてくれたシソを丁寧に取って混ぜました。
 色もきれい・・・♪(照明が暗いので写真じゃ解らなくてごめんなさい。)

*高野豆腐と季節野菜の煮浸し
 今年最後のミニトマトは湯剥き。
 前日からダシを採っておいた昆布と椎茸で、人参、ごぼう、蒟蒻、ピーマンを煮ます。
 味付けは白砂糖はおろか、黒砂糖もてんさい糖もはちみつも使いませんでした。
 自然食品店に行くとある、『味の母』というみりんを使っています。
お米だけから作られた、まっとうな調味料です。
 まっとうなお醤油をわずかに入れただけの味。

*大豆ミートの茄子のはさみ揚げと桜えびの揚げせんべい

 大豆ミートは朝から前述のダシに入れ、戻しておきます。
 たまねぎのみじん切りに少々の出所の解っている小麦粉で繋ぎます。
 茄子に挟んで水溶きした小麦粉をつけて揚げる♪

 桜海老のおせんべい・・・何と表現したら良いのか解らない創作料理ですf^^;
 たまねぎのみじん切り、大豆ミートに桜海老を追加して粉とまぶし、丸めて平たくしたら、油にGO☆

そうそう、昨日届いたばかりなんです、会津の圧搾なたね油。
たまたまですが、自然食品店さんには精製したものしかなくて。
未精製の、黄金色の商品の、菜種の香りが好きなのです♪
それで、一寸面倒でしたが通販でお願いしました。
それで揚げました☆

*昆布と椎茸の佃煮
 ダシを取った後、ゴマとお醤油を絡めて一品にするのが好きです。

*お漬物。
 糠漬けは胡瓜、人参。
 茄子の塩漬け。

丁寧に暮らさないと、なんだか辛くなってしまうみたい、わたし・・・。
夏の疲れが出てダウンしていました。

こんな時は
≪お慰めごはん≫。


IMAG2469.gif

サワーは≪音響熟成させている≫という焼酎、「れんと」と、その場で砕いた氷を
フタ付き瓶に入れ、激しく上下して一気に冷やし、
青いユズを絞ります。

デザートは和洋折衷。
3層レイヤー☆
1層目はりんごジュースにすももを入れ、寒天ゼリーにしたもの。
2層目は小豆の塩餡。
 塩は、長崎の友人の友人が丁寧に作っている天然塩とハチミツを少しだけ。
 寒天と吉野葛で固めてあります。
3層目はカボチャを吉野葛で固めたもの。

冷たくて甘いものは身体を冷やしてしまうので、
甘さは最小限で素材の味を生かすように、
吉野葛が身体を温めるものなので、できるだけ使ってみています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

実はこの日だけでなくて、一寸、こうした丁寧なごはんを続けていました。

体だけでなく、疲れた心を慰め、気持ちを落ち着かせていい感じになってきていました。

すると、2番目の娘が疲れてやってきました。

このごはんを出しました。

悩みがありそうだったので、話を聞こうと構えてましたが、
ごはんを食べているうちに落ち着いたみたいでした。

何があったか知らないけれど、本人が気持ちが済めば、それでヨシ。
親は多くを知らなくていいのです。

穏やかに「今、ここ」で一緒に過ごす時間が素敵。

ただそれだけの繰り返しで、信頼とは創られていくのでしょうね。

1年に1,2度しか会わない子ども達だけど、
親としては相当寂しいけども、でも。

穏やかに過ごしていてくれればそれでいい。

この後、スイートオレンジとラベンダーのアロマ湯に
蝋燭の光で入浴。

スイートオレンジはウツウツする気持ちを明るくしてくれるし、
寝る前だったのでラベンダーは入眠り作用があるから。

炎の出す波長も、こころを穏やかにしてくれます。

それから、ほの暗い照明の部屋で、
お布団のすぐ側で寝る前ヨガを30分。

最後の、ヨガを吸収するポーズで仰向けに横になっている時、
彼女はそのままにそっと肩、首を少しだけマッサージ。

触られると、言葉ではないメッセージが伝わって安心するのかもしれない。
(個人的には常在菌が交換されるのだと思っています)

そのまま、静かに布団に入ってもらっておやすみなさい。

お布団には湯たんぽが仕込んでありました。
朝の楽さが違うのです。

IMAG2471.gif

翌朝は天然酵母のちょい酸味のある、ハードブレッド&まっとうなパン屋さんの食パン。
菜種油を使っています。

梅ジャムは去年の梅ジュースの残りの果肉を煮詰めたもの。
てんさい糖の甘みですが、かなり甘くないです。

ここにはないですが、10日前から手作り味噌に漬け込んでおいた豆腐チーズも塗りました。
ウマカッタ(^^)♪

味噌は花麹で漬けた1年半前の作品。
麹の香りがとても良くて、コクのある酸味は、「まだ生きてる」です。
市販品の≪火入れ≫して、折角の良い菌を殺菌されちゃったモノとは全くの別物。

味噌汁の具は、庭から取ってきたミョウガ、お豆腐、ワカメ、湯向きしたプチトマト。
だしは、前日から取ってありました♪

庭で取れた茄子とオクラは数日前から漬け込んであった、
味付け卵に一緒に入れて味付け。

・・・と、昨夜の残りの高野豆腐の煮びたしとズッキーニのスープ。

朝から贅沢〜、ですが、実は私、一日いつも2食です^^☆

娘と私が食べ終わる頃、一日3食の相方はお昼ゴハンの時間。
彼がお昼を食べている間に私たちは庭に出て琵琶を剪定し、
葉を取りました。

琵琶の焼酎漬けと、びわ湿布を一緒に作りながら、娘に伝授。

1235179_505483722876970_636649054_n.jpg

たまには、こんな日もいいかもしれない。

穏やかで丁寧な日々の暮らしが、好きです。

posted by にゃも at 18:29| 群馬 ☔| Comment(0) | 食。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。